ねずみ駆除とダニ駆除はプロに任せた方がよい

男の人

個人で駆除を行う

作業員

ねずみが住み着いても放っておくと、電源コード等をかじられ最悪の場合漏電して火災が発生する可能性もあります。ねずみ駆除の方法としては粘着シートを使用する方法が衛生的にもオススメですが、戻ってきてしまう場合は毒餌を使ってしっかり駆除を行ってください。

» 詳細

被害を広げないために

ワーカー

従来から行われているねずみ駆除には、粘着シートの他、殺鼠剤、超音波、電磁波などが利用されてきました。本格的にねずみ駆除を考える場合、専門の業者に依頼する方法もあります。大切なことは、今後の再発防止策をどのような方法を利用するかが課題となりますが、注意すべき点は最小限のコストに抑えることです。

» 詳細

暮らしを守る

ダニ

ねずみが住みにくい環境

ねずみ駆除やダニ駆除の第一段階としては、まずはねずみやダニが住みにくい環境を作ることが大切です。ねずみやダニは非常に繁殖力が強く、比較的なんでも食べ物にするため一度住み着かれるとあっという間に巣を作り群れで行動するようになると言われています。ねずみに関しては電線やケーブルなどが壊されたり、寄生虫やウイルスの媒介をするなど衛生面でも被害を受けるので、ねずみを見つけたら早急な駆除が必要です。家の中で出る食べ物は必ず密閉できる容器や棚にしまうなどして食べこぼしなどがないようにします。暗く狭いところを好むので、冷蔵庫の下や押し入れの隅などに巣を作ることがあるようです。そのため、定期的に掃除をして通れないように、金属のネットを張るなどして通り道を塞ぐといいでしょう。ダニは布団などの寝具やソファなどに住み着く傾向がありますので、日光に当てて清潔に保つようにしましょう。また、ダニ駆除業者に依頼をして定期的に綺麗にしてもらうという方法の方が確実に効果的です。

複数の駆除法を合わせる

ねずみ駆除は、一つの方法よりもいくつかの方法を合わせると、より高い効果を発揮します。ねずみ駆除には、粘着シートと殺鼠剤を合わせて使うと良いでしょう。毒が入った餌を食べると、すぐにねずみが死ななくても、体調が悪くなるので粘着剤にかかりやすくなり捕まえやすくなります。粘着シートは、ねずみが通るところに置くようにして、そこにくっつけばそのまま処分するだけです。しかし、一度置いたら、ねずみが捕まるまでは場所を動かさずに、一定の場所にある程度の期間おいておく必要があります。毒が入った餌も、ねずみ駆除には効果的ですが、自分が把握していない場所で死んでいたりすると不衛生です。したがって、家の中をしっかり確認しておく必要があります。

家を守ろう

住宅

ねずみ駆除は専門業者に依頼し、確実で清潔に駆除をしてもらうのがベターです。明朗会計で安心できる業者を見つけるためにも、初回を依頼する前に無料見積りを利用すると良いでしょう。いくつかの業者に見積もりを依頼し、比較することで選別できます。

» 詳細